タイ移住の魅力に気づいた

calendar

なんでタイ移住に興味をもったのかというと、タイなら生活費が安いというメリットがあるからです。暮らし方にもよるんだろうけど物価は日本の3分の1くらです。仮に夫婦2人で暮らすとなれば月に20万もあれば十分暮らすことができちゃいます。もちろん、自炊なんてほとんどしないのがタイの文化です。
外食といっても屋台とかを中心になりますがタイの食事は結構美味しいため何の不便も感じないことでしょう。

ゆっくり過ごせるタイ移住

日本で暮らせばそれなりにお金がかかってくる。
ただ、一生タイへ移住したいかといわれると決してそんなことはない。
やはり仕事をリタイアして直後の65歳~70歳くらいまでの間だけタイで暮らしたいと考えてる。その後の本当の意味での老後に関してはやっぱり日本が安心です。
治安もそうだけどやっぱり医療ですね。
タイの医療がダメってことはないけど、日本に比べると不安な面があります。
だからこそ、元気なうちに数年間タイでのんびりきままな生活を送ってみたいです。できれば週に一度のペースでゴルフしたりして、悠々自適とは言わないまでも、それなりに満足の暮らしをおくることできそうです。

タイ移住をものすごく楽しみにしてる

実際にタイへ移住するのは60歳以降になりそうです。
それより前に仕事をやめて移住するだけの資金が貯まってればいいのですがそれは叶いそうにありません。老後と言う意味でも資金は数千万円必要とかって試算をみることありますが、質素に暮らせばそこまでの費用はいらないはずです。
ただ、今の会社の退職金は老後資産として残すべきだと思ってるため、タイ移住費用は別途で貯めておく必要があります。
目安として月に20万円で暮らせば年間で240万円です。

その他予備費用など含めて年間300万円もあれば十分タイで生活できます。
それを最低2年は暮らしたいため、600万円の移住費用を見込んでいます。
きっともっと全然安く移住することもできるんだろうけど、老後タイ移住の目的はノンビリかつ悠々自適をテーマにしているので、ケチケチ生活はしたくありません。そう考えると余裕を持って移住費用を考えています。

参考にしたサイト:ぐるタイ
タイ移住費用とかビザに関して細かく紹介されているため大変参考になりました。